東京での霊園探しをお手伝いします

長男となると、自分の親からのお墓を受け継ぐことにもなるので、新しくお墓を探すということはないというのが日本では一般的であるものの、今日では家族であっても同じお墓に入りたくないという人もいるものです。東京都内で新しく霊園を探しているという場合、高額な取引となり子供や孫の代までつなげるという重要な選択にもなるので、しっかりとシステムを理解して我が家にベストなお墓を探す必要が出てきます。霊園にはさまざまな種類があり、供養方法も違ってきます。一般的には備わっているとしてもその施設ならではのシステムでついていないというケースもあるので、後からトラブルになって取り返しがつかないことにならないように、契約内容を事前に理解しておくことは欠かせません。

供養の方法からお墓を探してみよう

霊園は、墓地のように宗教に左右されることなく誰でも入ることができるというメリットがあるのですが、自由であるゆえにさまざまなシステムが導入されていて、埋葬の形も選ぶことができます。一般的には、屋外の土地に墓石をたてるという形になるのですが、墓石の代わりに樹木を植えるという自然葬の一つでもある樹木葬ができる施設もあります。また、自宅で飼っていたペットも一緒に納骨できる墓地があったりと、新しい形のお墓もあります。他にも、個別のお墓にするのか合同供養にするのかという選択肢もあります。合同供養では、他の人と同じお墓に入ることになるのですが、骨壺ごと埋葬できる場合と骨壺から取り出して他の人の遺骨と混ぜられてしまうこともあります。合同供養碑や合同供養塔などのシンボルの下に埋葬されたり、樹木葬であれば一本の大きな木の下に埋葬される方法もあります。

東京都内でも人気の室内にあるお墓

東京都内は地価が高いこともあり、新しくお墓を購入するとなると高額な費用が必要になってきます。合同供養になると費用の面ではリーズナブルなのですが、見ず知らずの他人と遺骨を混ぜられてしまうことに抵抗があるという人もいるでしょう。室内のお墓でもある納骨堂は、以前であれば屋外のお墓が完成するまでなど一時的な目的で利用されていました。しかし、今日では屋外のお墓ではなく室内となるとお墓参りをするのも足元が良いことや天候に左右されないなどの理由から選ぶ人も増えており、利用料金を支払えばずっとわが家のお墓として利用できるようになりました。骨壺が入るほどのスペースだけなので利用料金は手頃であり、主流のロッカー式以外にも仏壇の形をして遺品を置く場所もある仏壇式などもあります。