人生の中でも特に大切で、そして高価な買い物といえば、やはりマイホームがあげられます。小さな家でも一千万円は超えますし、3000万円、5000万円など高額になることも少なくありません。土地ごと購入するとなるとそれ以上の金額になることもあります。資金に余裕のある方の場合は一括で支払うことも可能となりますが、多くの場合は長期に渡って住宅ローンを組み、無理のない範囲で支払っていくこととなります。そして住宅ローンは長期間のローンですので、しっかり計画を立てて利用することになります。


収入が長く安定して得ることができれば、完済は決して難しいことではありませんが、20年、30年の間には倒産やリストラで急に収入が落ちてしまうこともありますし、そして家庭でも病気や怪我、離婚など様々な問題が起きることもあり、そういった場合にも支払いは困難となってしまいます。住宅ローンを組んでいる家のローンの支払いが難しくなると、その物件は差し押さえられ、競売にかけられることが一般的です。債権者は、物件を売却することで、借金を回収していくこととなりますが、でも競売の場合は市場価格よりかなり安く落札されてしまうことが多いものです。そして、家をせっかく手放しても、借金は多く残ってしまうことになりますし、債権者の側からしても回収できる金額は少なくなるのでメリットはあまりある方法とは言えません。


そして競売の手続きもお金も手間もかかってしまうものです。そこで注目されているのが任意売却という方法です。任意売却は、債権者の許可を得て、自分の意思で住宅を売却する方法です。一般的な不動産売買のように手続きができますので、競売のように近所に知られてしまうこともありませんし、そして市場価格にさらに近い金額で売却ができますので、より多くの債務を返済することができます。そして、債権者の側もより多くの金額を回収できるのでメリットは競売よりあるといえます。そして競売の場合は強制的に立ち退きを要求されたりもしますが、任意売却の場合はより融通も効きやすく、交渉すれば引越しの費用を出してもらうこともできます。そして競売から任意売却に変更することもできます。任意売却の手続きは自分だけでは難しい場合もありますので、まずは専門家に相談するのがおすすめです。プロに依頼するとより手続きもスムーズに行えますし、いろいろなアドバイスも受けることができます。まずは信頼できる業者を見つけておきたいものです。