実際に東京で霊園を借りた人に聞いてみました

実際に東京で霊園を借りてみようと思ったのですが、とにかく他の地域とは違う点や、絶対にここを借りるときにしておかなければならないこととして、知識をつけておかなければならないことがあります。霊園を借りる時というのは、無条件で借りられるところはそれほど多くなく、必ずといっていいほど制約条件をつけてくるところがあります。その条件をしっかりと確認しておくことが大切です。また、費用についてもそうですが、のちのちにトラブルにならないためにも細部にわたり、しっかりと見積もりを出してもらって費用を考えておきましょう。この二つはとても重要なことですので、これから具体的に見ていきたいと思います。後で失敗しないためにもこれだけは覚えておくとよい物を記載します。

制約条件をしっかりと把握しておく

東京で霊園を借りる時というのは、大都市ゆえに交通の便が非常に良いので、ぜひともこの近郊でこれを選びたいと思うのはわかります。しかし、ここで気をつけなければならないというのが制約条件です。それはどういうことかといいますと、都民でないとここを利用できない、もしくは申し込みをすることができないなど条件があります。他の地域に住んでいる方はどうしてもこの条件がついている理由でここを借りにくいということが挙げられます。事前にしっかりと内容についてチェックしておくことが大切です。他にも地域のことだけではなく、宗派に関することなども同じことがいえます。ある宗派だけはいける、この宗派だけは入れないといった制約条件もあるところがありますので、必ず調べておくようにします。

費用は細部にわたり見積もりをとる

東京で霊園を選ぶとなれば、費用が非常に問題となってきます。最初にかかってくる費用もそうなのですが、管理費など毎年かかってくる費用もありますので、しっかりと見積りをしておく必要があります。墓石の費用や、納骨する際の手続きなど費用は意外と掛かります。墓石は自分で用意する事が出来ず、その管理者が指定したところの墓石でないといけないというところもありますので、しっかりと費用は聞いておくべきです。そういった点もしっかりとチェックしておき、後でトラブルがないようにしておくことが大切でしょう。永代使用料などの一回の負担で済むようなものであれば良いのですが、その場合でも、その金額が適正な金額かどうか、相場はどれぐらいのものなのかということも調べておくと助かると思います。