ローンを支払えなくなった方に、役立つ任意売却雑学についてクチコミいたします。住宅を購入したけれど、住宅ローンが思ったよりも家計を圧迫してしまい、なかなかすべてのローンを返金することができないという方も少なくないかと思います。2~3ヶ月住宅ローンが滞ってしまうだけならばまだ良いのですが、それ以上滞ってしまいますと、住宅ローンでお金を借りた会社より、督促状が届いたり電話がかかってきたりします。そうなってしまいますと、人間はとても焦ってしまい、もう自分ではこの物件を購入することはできなかったのだと落胆し、任意売却をお願いするということを考えてしまいがちですが、任意売却をお願いするということは、もうその物件を手放してしまうということになりますので、手元には何も残らなくなってしまい、今まで頑張って支払ってきた分のローンの金額が無駄になってしまうことになります。


そこで次のような任意売却雑学がオススメなのです。それはどのような雑学かといいますと、任意売却を考える前に次のことを見直すということです。例えば、現在住宅ローンを支払うときに月々はらいしかしていないという方でしたらボーナス払いもするように設定を見直せば、月々に返済しなくてはいけない金額がボーナスの分安くなります。ですので、毎月の返済が滞ってしまうということを防ぐこともできるのです。また、弁護士さんにお願いするという方法もあります。みなさんは住宅ローンの減額ができるのはご存知でしょうか。月々の返済金額が少なくなる代わりに、返済期間は長くなってしまうのですが、弁護士さんにお願いして減額してもらえば、毎月支払わなくてはいけない金額が減るため今よりも家計を圧迫しなくて済むのです。そこまで見直してみて、それでもダメということならば、任意売却をする必要も出てきますが、せっかく購入した住宅ですので、なるべく自分の力で全ての金額を支払い、手元に残る資産として残せるようにするのがおすすめです。


ちなみに、ローンの返済のために別の場所でローンをするというのはあまり良い方法とは言えません。特に、銀行のようなところではなく消費者金融のようなところですと、今よりもたくさんの金額を支払わなくてはいけなくなってしまうこともあるのです。ですので消費者金融でお金を借りて返済するというのは、考えないで、ほかの方法を試していくのが良いかと思います。もしよかったら参考にしてみてください。