東京で霊園を探すときのポイント

家族が亡くなったときに、もしも先祖代々で使用しているお墓がない場合には、まずはお墓を建てる土地のある霊園から探す必要があります。地方であれば適地は限定されていることが多いものですが、東京都内の場合には、かなり多様な選択肢が用意されている可能性があり、選ぶ上でもポイントがわかっていないと、いざというときに迷いが生じてしまうことになります。都内であっても、都心部にある物件と、郊外にある物件とでは、おのずと立地環境や使用条件、供養の内容などがまったく異なりますので、後々のこともふまえて、慎重な判断が必要です。いったん購入してしまえば、やり直しがきかないのもお墓の特徴でもありますので、そのためにも最初からポイントを押さえた対応が望まれます。

価格や立地環境をよく検討すること

東京で霊園を探すにあたっては、まずは価格や立地環境について希望する条件を洗い出し、これらにふさわしいところかどうかを比較検討することが求められます。お墓は高い買い物ともいえますので、通常の買い物よりも、特に慎重になって考えることが重要です。立地環境ですが、都心と郊外では、それぞれにメリットとすべき部分に違いがあります。都心は交通に便利なため、高齢になっても墓参がしやすく、しかも常に人の目に触れるため、管理も比較的行き届いたところが多いといえます。郊外は、区画の大きさが都心よりも大きくゆったりとしていて、樹林や花壇などのアメニティ施設が整備されたところも多く快適です。価格的には郊外のほうが安価で、都心は逆に高めとなりますが、都心であっても合葬墓などの形態であれば、比較的安価な場合もあります。

制約条件についてもチェックしておく

東京の霊園のなかにはさまざまな種類があるため、場合によっては利用者にいくつかの制約条件を課していることがあります。契約してから条件を確認しても遅いので、はじめの段階でしっかりとチェックしておくことが重要です。まずは宗派による制約ですが、寺院境内にある区画の場合には、その寺院の檀家になるとともに、特定の宗派以外には墓石の建立を認めない条件が付けられているところがあります。また、墓石の購入についてですが、場所によっては指定石材店とされている特定の店舗からしか墓石が購入できない条件が付けられている可能性があります。この場合は、他に適当な石材店が見つかったからといって、自由に契約をすることができませんので、デザインや価格などが希望に沿わない場合があります。