東京で霊園を探すときの基礎知識

墓地の高騰を理由に、永眠後は檀家の契約をしている寺院ではなく、公営や民営の霊園に埋葬されることを望む人が増えています。墓地を購入できたとしても、管理していく子孫や遺族がいないという現代特有の事情もあり、毎年1回県や市が公募する合同墓地への希望者は年々増加中です。合同墓地は比較的交通便利な場所にあり、管理費用も格安ですが、県や市によって合同の法要を行わない自治体もあり、一周忌やお盆の供養などを希望する場合は、その合同墓地が法要を行う墓地か行わないかどうかを事前に調べておく必要があります。東京では墓地を管理する自治体は年に1回全宗派向けの法要を行うか、法要は一切執り行わず各遺族が葬儀社などに一周忌や彼岸の供養を個別で発注するケースが一般的です。

寺院の墓地とは違う霊園ならではの特色

東京に限らず、公営霊園は一度埋葬をすると遺族の転居を理由に故人の墓を移すことが困難なケースが多く、墓地を探す時点で墓の移転が許可されているか不可かなどを調べておく知識が必要です。民営墓地では、ほぼ移転を許可しているものの、墓を掘りおこすための自治体への手続きが複雑で、高額の移転費用がかかるため注意します。公営墓地の場合は、県民の公園としても開放している墓地が多く、必ずしも故人を供養する専用の場所ではないため、県や市による合同法要以外の時期は、法要が執り行いにくいケースもあることを心得ておかなければなりません。墓地を探す時点で寺院の檀家の墓地とは違い、あくまで公共の場に格安で墓地を借りるという認識で探すと、埋葬後のトラブルを防ぐことができます。

民営の合同墓地なら寺院並の手厚い供養が受けられる

公営霊園の墓地を購入して埋葬されるには、年1回の自治体の公募に応募して抽選に当たるしか方法はありません。民営なら東京都心でも合同墓地に空きがある場合が多く、希望をすれば比較的簡単に民営墓地に入れます。民営の合同墓地の良さは、公営墓地のように格安で墓地が購入でき、寺院墓地のように毎年の手厚い供養ができることです。民営墓地によっては寺院や墓石の石材店と提携しているところもあり、墓地と共に格安で墓石を購入できたり、僧侶による法要のスケジュールを優先してもらえたりできます。お盆や彼岸など四十九日や一周忌に比べて後回しにされがちな法要を、檀家料の必要無く同じくらいの手厚さで供養してもらえるので、民営墓地を探す場合は、提携先まで調べておくと後々お得です。

コメントは受け付けていません。