霊園を東京で探すとき気をつけるべき点

東京は日本の首都として、さまざまなオフィスビルやデパート、大学、工場などが集まっています。他のエリアから働きに来ている昼間人口のほうが多いとはいえ、定住人口も当然多く、墓地の需要もかなり逼迫しているはずですが、すでに過密な土地利用がされてしまっている結果、その候補地となる霊園を希望どおりに見つけるのはたいへんなことです。このようなことから、候補地を探すにあたっては、あらかじめ十分な時間をとった上で下調べをして、後悔のないようにしておくことが望まれます。実際に探すためにはいくつか気をつけなければならないポイントがありますので、それらのポイントをしっかりと押さえた上で、適切に情報収集をしたり、現地のスタッフに質問をしたりすることがたいせつです。

価格帯はしっかりとチェックする

東京は地方にくらべて地価が高いのはいうまでもないことです。そのため、お墓を建てるための霊園の区画を求める際にも、土地の使用料としての価格は相当な金額になることを覚悟しなければなりません。したがって、安易に手近なところで選ぶのではなく、事前にどの程度の費用が必要になるのか、見積もりをとってから、慎重に決める姿勢が重要です。いわゆる永代使用料のような土地代のほかにも、実は毎年の管理費、墓石本体やその工事費、供養のための僧侶へのお布施などもかかります。見積もりといっても、これらをすべて含めた金額で検討をしなければ意味がありません。また、複数の候補のなかで見積もりの金額を比較することもたいせつです。単独の見積もりだけを見ていてはわからないことが多いものの、比較によって、不当に金額が高くなっていないかどうかをチェックすることが、はじめて可能になります。

多様な形態を候補として検討する

東京の場合には、慢性的な土地不足である事情をふまえて、霊園側でもさまざまな工夫をしています。他の地域ではあまりお目にかからないような供養形態のものもありますが、価格帯や利便性、管理のしやすさなどを考慮して、あえて新しい供養形態を選択肢に含めたほうがよいこともあります。たとえば、一定の面積で区切られた戸外のスペースに柵と墓石を建て、そこに納骨をするのが従来の供養の在り方ですが、最近では見た目が芝生だけで明確な区切りを設けないものや、大きな墓石ではなく、あらかじめ設置されている壁面に表札を掲げる程度の省スペース化されたものなどがあります。これらは費用の面からいっても安価であり、除草などのメンテナンスもいらず、東京都内では比較的ポピュラーになりつつあります。